【初めてのスタジオレコーディング】ボーカルミックスを体感!ビフォーアフター


ボーカルミックスによる違い

こんにちわ。ホムラSTAFFの林です。

今回は、ボーカルミックスをすることで、歌モノの音源はどのように仕上がりが変わるのか? いまいちピンとこないその違いについて、エンジニアに聞いてみました。比較用の音源も制作してもらったので、ビフォーアフターを聞き比べてみてください

上野、横浜、多治見にあるボーカル/ナレーション専門のレコーディングスタジオHOMURASOUND

ボーカルミックスのビフォーアフターを聞き比べ

ボーカルミックスという言葉は聞いたことがあるけど、具体的にはどんなことをしてるのか?意外と分からない人も多いと思います。

まずはビフォーアフターの音源で違いを聞き比べてみましょう

■ハッピーシンセサイザのビフォーアフター動画

■恋するフォーチュンクッキーのビフォーアフター動画

■空色デイズのビフォーアフター動画

ボーカルミックスでおこなってる6つのこと

聞き比べてみてもらうと、その違いがわかります。エンジニアに聞いたところ、ボーカルミックスで調整するのは大きく次の7つの点だそうです。

  • ボーカルのピッチ(音程)の調整
  • ボーカルのリズムの調整
  • 収録時に発生したノイズの除去
  • 複数のトラックの音量のバランスの調整
  • PANの定位
  • ボーカル音域の調整
  • ボーカルの加工

順番に見ていきましょう

ボーカルのピッチ(音程)の調整

正解のメロディの音程と比べ、ボーカルの音程のズレを調整します。

ボーカルのリズムの調整 

正解のメロディラインから、ボーカルのリズムがズレてしまった場合、そのリズムを調整します

収録時に発生したノイズの除去

収録時のサーというノイズ音や、リップノイズ(クチャ音)、ブレス(息継ぎ)のなどの調整をします。

複数のトラックの音量のバランスの調整

複数人のボーカルがいる場合や、ハモリ、コーラスを複数を録音する場合、一つ一つの声の音量調整や、ボーカルとオケとの音量バランスを調整をします

PANの定位

PANとは音の位置の事を言います。イヤホンやスピーカーで音を右から出すか、左から出すか、真ん中から出すかを決める作業です。

ボーカル音域の調整

オケや参考音源を元に、ボーカルの音域の調整をし、ひとつの音源として聞こえがよくなるように音域ごと(高音域、中音域、低音域)の調整をおこないます

ボーカルの加工

ボーカルの聞こえ方を変えるため、声に直接、好みのボーカルエフェクトをかけます(リヴァーブ、ケロケロボイス、ラジオボイスのような様々なもの)

最後に

聞いた人が心地の良い作品の形に整えるという意味では、ボーカルミックスは欠かせない作業だと思います

作品に仕上げるという点では、ボーカルミックスをする事をおすすめします

■ホムラサウンドの紹介

上野、横浜、多治見にあるボーカル/ナレーション専門のレコーディングスタジオHOMURASOUND

ホムラサウンドは、上野(東京)、横浜、多治見(岐阜)にある、ボーカル・ナレーション専門のレコーディングスタジオです

ボーカルのレコーディングはもちろんのこと、立ち会いでのピッチ修正やノイズ除去、ミックス、マスタリングの作業は無料。スタジオの利用時間にかかる料金のみで、レコーディングも編集作業もご利用いただけます

今回の記事についてや、レコーディングにまつわる質問がございましたら、こちらより、お気軽にお問合せください↓

レコーディングにまつわるギモンや質問 LINEやフォームからお問い合わせください

初めてのスタジオレコーディング向けコンテンツ

【初めてのスタジオレコーディング】ボーカル収録の流れ

【初めてのスタジオレコーディング】失敗しない事前の準備

【初めてのスタジオレコーディング】ボイス&ナレーション収録の流れ

【初めてのスタジオレコーディング】ボーカルミックスを体感!ビフォーアフター

【スタジオ紹介】ボーカル収録の流れ(上野ホムラサウンド)

【スタジオ紹介】レコーディングスタジオツアー(横浜ホムラサウンド)