ラッパー必見!HIPHOPフリートラック入手方法!


こんにちはホムラサウンドスタッフ小松です。

今回はラッパーの為のフリートラック入手方法をお伝えします。

はじめに。気をつけること

まず気をつける事はそのトラックが【商用利用可】【商用利用不可】かというとこにあります。

【商用利用】とはこの場合は、コンサートなどで使用しお客さんからお金を貰う音源を出して販売するyoutubeなどで収益化など、お金が発生する事をいいます。

【商用利用不可】の音源は、作品として収益をあげたり、収益に誘導させたりするとアウトとなってしまいます。

わかりづらい場合は、トラックメイカー本人に問い合わせてみるのが一番間違いないかと思います!

YouTubeからの入手

YouTubeで【フリートラック】【フリービート】【トラック提供】などを日本語や英語で検索してみましょう!
たくさんの曲が出てきます!

詳細の箇所に注意書きが書かれている場合が多いので見てみましょう!

海外のクリエーターも沢山出てきますが、英語で注意書きが読めない場合はグーグル翻訳などを利用するのも手ですね

↓グーグル翻訳

やはりYouTubeが一番種類豊富ですね!
https://translate.google.co.jp/?hl=ja

SoundCloudからの入手

こちらでも【フリートラック】【フリービート】【トラック提供】などと検索してみましょう!

日本人以外も沢山出てきますが、海外クリエイターの場合は非営利目的での使用を推奨するものが多いようです。

もし営利目的で使いたいのであれば、本人にメッセージを送って確認をすることになるかと思います。

Hipstrumentalsからの入手

海外サイトですがこちら。

YouTubeのページもあります。

searchから好きなアーティストを検索するとそのトラックが出てきます。

洋楽ヒップホップをビートジャックする際に使用するサイトとのこと(間違ってたらすみません)

アーティストのトラックを商用利用するのは良くないと思いますが、【original beat】ってところでフリーのトラックがダウンロードできそうです。

original beatはチキチキした感じのが多い印象ですね。


http://www.hipstrumentals.com/

ニコニコ動画からの入手

【ニコラップとは、ニコニコ動画に投稿されたオリジナルのラップや、ラップをのせるためのオリジナルのトラック等の総称である。HIPHOP、アニメネタ等、内容は多岐にわたり、おもに「音楽」「歌ってみた」カテゴリに属する。】

とのことです!

暗黙のルールのようなものがあるらしく、
トラック提供のトラックは基本的にニコラップにあげる曲に使う。
ニコラップにあげる際に、使用したトラックへのリンクを説明文に貼る。
らしい。

↑他のサイトの情報を参考にさせていただきました

人によってルールが異なると思うので、きちんと見ておきましょう!


DOVA-SYNDROMEからの入手

主にフリーBGMのサイトですが、HIPHOPっぽい音源もありそうです


最後に

まだまだあるかと思いますが、役に立ちそうなサイトを選ばせてもらいました!

以上フリートラックの紹介でした!
もし、フリーのビートに満足いかない、尺や構成を変えたいなどの要望があれば、トラックメイカーの方に作ってもらうというのもひとつの手ですね

https://homurasound.com/homuramusic/hiphop/tag/track/
ホムラサウンドでもトラックを販売してるので是非チェックしてみてください!

一点もののトラックを手に入れて、曲を作り、スポティファイなどで配信し、たくさんの人に知ってもらいましょう!

最後まで見てくださりありがとうございました。

追記

ユーチューブでフリートラックを作っている方をまとめました!

こんにちは。ホムラサウンドスタッフ小松です。 前回フリートラックの特集をやってみたと思うのですが、更に深堀りして行こうと思います! ...
ラッパー必見!HIPHOPフリートラック入手方法!【YouTube編、part2】